スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回和太鼓ドン自主公演、終了。


ども、しんたです。お久しぶりです。
文字の色を心機一転し、2007年からこの色にしようと思います。
第8回和太鼓ドン自主公演が終わってからだいぶ時間が経ちました。
僕は終わって2、3日満足感と脱力感に満たされた時間を過ごしました。

そしてすぐにいてもたってもいられなくなり、練習を再開しました。

と、言うのも第8回和太鼓ドン自主公演で色々気付かされたんです。
僕は今まで舞台上で表現するにはまずアツい気持ちが大事だと考えて
きたんですが、今回の自主公演をやってみて「やっぱ技術は大事だ!」と
痛感しました。(本当に何を今さら!ですが。。)

そして踊りにしても太鼓にしても「基礎」が大事だと感じました。
基礎的な撥の扱い、基礎的な体を動かす練習、基礎体力、基礎筋力。
普段からの努力の証なんでしょうね。「基礎力」って。

そして、皆さんも御存知の通り(?)僕は太鼓も踊りも基礎力が
ないんですね。イイ顔してがむしゃらにやることは得意なんですが。

こんなぶっちゃけ話をここでしてもいいのかわからないですが
自主公演本番の舞台上で三宅を打ってるときに(あっ、俺まだまだ
いけるんちゃうん?)って思ったんですよね。

いや、本番で手を抜いていたとかじゃなくてむしろ本番で練習では
でなかったような全力が奇跡的に出たんですが、それと同時にまだまだ
僕はできるんじゃないかって思ったんです。不思議でしょ?

たぶん基礎の技術の向上が鍵を握ってるような気がします。
撥の扱い、手が回るかどうか、馬がきれいに回せるかどうか。

基礎がもっともっとできたら舞台上でもっともっと自分の表現が
できるだろうし、表現の選択肢が広がるんだろうなぁと思った。


ドンの練習メニューは自由個人練習。

基礎練は自分で意識的に取り組まないと基礎力はつかないんです。
だから
僕は今年1年、自分で考えて基礎練を取り入れてやっていきます。

さならる向上を!
三宅、八丈、荒馬、七頭!!
今年はこの4つに照準を合わせてをもっともっと高めるつもりです。

「基礎の向上が僕の表現力の向上につながる!」


それを気付かせてくれた第8回に感謝!!



そして、僕は第8回の自主公演の舞台に立てたことを誇りに思います。
イイ自主公演でした。本当に、自画自賛もしたくなるような。


写真等が載せれるようになりましたら後日載せたいと思います。
こうご期待☆

そいでは、今年もこのコラムを精力的に更新して
いきますのでぜひぜひ読んでやってください!お願いします。



しんた




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自主公演お疲れ様でした。写真載せないの?
みんなの顔が皆の顔が見たいな。(・ω・)ノ

写真はまだ準備できてないの~。
後日、絶対に載せるのでしばしお待ちを。。

ヤンマーマリーナ見ました。すごいねー( `ー´)ノ。
みんないきいきしているねヽ(`▽´)/。
今年もガンバー(・ε・)/

相変わらずみんな元気ですよ!!
今年もドンをよろしくお願いしますね☆
プロフィール

和太鼓ドン

Author:和太鼓ドン
立命館大学の学生をはじめ、京都の学生を中心として活動している和太鼓サークル、和太鼓ドンです。太鼓を叩いて踊って唄って、日々を過ごしています。活動範囲は日本全国。京都生まれ日本育ち。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。